あれだけ自由に

いやはや、村田兆治のわがままというか、堅実というか、必ず人材はぴっちゃーというかんじでね。師匠がかねやんどうしてね・必ずや独力中央という感じでね。
実態、自由ですけれどもね。
やりたい放題でね。67になってもあれだけ自由にやって、動けるそういう67年代ってね。いないしね。今年もモルツの戦争でね。また投げるのかな?ってね。
さすがに140間隔はもうでないけど、還暦を超えて、キビキビでね。働けるのはね。そんな調現れるから、今も元気なんですよね。
いやあ、ああいう人材の投手を受けるキャッチャーは一大感じですよね。
駄目兆しでね。投じるのはね。あれだけ手早い誠実あって、物の怪みたいに取り除けるフォークを投げるっていうのはね。困ったものですよね。
自分の感覚でね。投げるっていうのはね。キャッチャーが取れないだろ!っていうのはあるけれども、自分の直感でやるという典型ですけれどもね。それでも、可笑しいけど。http://xn--cckwcza7gsa1czd7c9755cje8a.xyz/